洋服の断捨離

引越しをして、マンションから一戸建てに変わり、洋服の収納がタンスからクローゼットに変わりました。収納場所が拡大したのです。それと同時に洋服の量も増えてしまったのです。今ではクローゼットにぎっしりと洋服が収納されています。これはまずい!と断捨離をする決意をしました。

TVでやっていたのを真似て、洋服を一箇所にすべて出すことから始めました。やってみてわかったのですが、すごい量なのです。想像以上でした。それからなりたい自分を想像して、想像の人に見合わない洋服はいらない!という物差しで残す洋服と捨てる洋服を分けていきました。

すると1/3が残る洋服、2/3が捨てる洋服でした。そして、いらないものはリサイクルショップへ売りに行こうと思ったのですが、以前ダンボール箱一つ分を持って行って、ガソリン代にもならないといいうのでがっかりした経験から、リサイクルショップへは持っていかず、友人にあげる、もしくはねっとで譲ることにしました。そして、1/3の量になったクローゼットをみて、とってもすっきりしました。そして私がどんな人間になりたいのかを改めて考えることができて、本当に良かったと思います。この調子で他の場所も断捨離していきたいと勢いがつきました。ものからの執着がなくなるととっても軽くなり、ものを大切にする気持ちが強くなっていくのがわかりました。

今は、パンツ25着、トップス20着、アウター10着、その他10着。これが私の洋服の量です。この量を増やさないために、ハンガーをそれぞれ色分けしました。そして、衣類が立つようにたたみ、それぞれ収納しました。この量を増やさないように余ったハンガーを捨てることにしました。そして、余った空間は別のものを収納するようにしました。そうすることで、今まで外に出ていたものが収まり、部屋がすっきりしました。そのおかげで掃除がしやすくなり、家事の時間も減りました。洋服を断捨離したことで、家事の時間まで削減できるとはおもっていませんでしたので、とっても嬉しいです。洋服だけでなく、リビング、キッチンもこの勢いで断捨離すると、もっと家事の時間を削減できるのではないかと思っています。