ギターとか楽器は専門店で売った方がいい

私はアコースティックギターを開放倉庫山城店で査定してもらった時に、びっくりするほど低価格を提示された経験があります。
開放倉庫って本やCDや服や楽器など、何でも買取をしているお店です。私はどうしてもお金が必要でマーチンのアコースティックギターを手放すことにしました。
新品の価格は約30万円ほどです。これを査定してもらったところ、買取価格は7万円ほどでした。もちろん、この価格は大損なので買取をやめました。
次に大阪の心斎橋にある石橋楽器で査定してもらったところ、買取価格は15万円ほどでした。2倍ほど買取価格が違いました。
開放倉庫にはいろんな楽器が売られていますが、ネックが反っているなど状態が悪い楽器が多い印象があります。
また、ブランド品よりノーブランドの楽器が大半を占めており、よくよく考えるとマーチンのアコースティックギターをここで高額買取できるわけがないと後から思いました。
ギターの買取はやっぱり査定人の実力が大事だと思います。楽器の専門店は楽器を買取して再販していることが一つのビジネスであり、しっかりと査定をして貰えます。
開放倉庫はいろんな商品を安く買えることが特徴なので、どちらかと言えば捨てるには惜しいという商品を二束三文で買ってもらうことに適しているお店だと思います。
ブランド品を売るにしても少々査定額が小さ過ぎるので、今後は楽器をここで買取することはありませんね。しっかりと専門店を利用して楽器を売る方が断然にお得です。
専門店を利用して楽器を買取する場合、商品によってはオークションを使う方が高値で売れるケースがあります。
私はアイバニーズのジョーサトモデルを心斎橋の石橋店と三木楽器店で査定してもらった時、状態が良いのに買取価格が安かったのでオークションに出しました。
専門店の買取相場は状態が良くても大体新品の価格の半額前後ですが、オークションなら新品価格の6割から7割ほどまで価格が高騰することがあるので、本当にお得に楽器を売るならオークションは一つの良い選択肢ですよ。
新品に近い状態で人気の商品なら専門店を利用しておく方が無難な価格ですぐに現金化できるので便利ではあります。本当に楽器の買取はお店選びがとても大事だと思いました。
おすすめギター買取 | ギター売るなら事前査定できる業者が安心